天空50Fのホテルからの眺望 大阪マリオット都ホテルがオシャレすぎる件 | 大阪いい店やれる店
   クリックで応援お願いします! ⇒  にほんブログ村 グルメブログへ

天空50Fのホテルからの眺望 大阪マリオット都ホテルがオシャレすぎる件


大阪マリオネット都ホテル(天王寺)
今回ご紹介するのは、3月7日(金)より全面オープンした、あべのハルカスに入っているハイクラスのホテル
大阪マリオット都ホテル(天王寺)
マリオット都ホテルとは、名前の通り、リッツカールトンを参加にもおく外資系ホテル マリオット・インターナショナルと、近鉄ホテルシステムズのホテルブランド都ホテルが提携した
ホテルである。
ちなみに、マリオットは現在、東京・沖縄・名古屋についで4件目、関西初出店です!
見どころは、なんといっても日本で最も高い高層ビル(300m)に入っているだけある、
部屋からの眺望。
マリオネット都ホテル
コーナールームになると、窓の面積が増え、臨場感が半端ない。
夜景がきれいなのは、上層階だけでしょ?ってなりそうですが、
マリオット都ホテルの客室は、38F~55Fに位置。
つまり、どの部屋に入ったとしても、景色が最高!
マリオネット都1
プランの中でも、50F~52Fが約束さえるアッパーフロアの客室はこちら。
『日本で一番高いホテルに泊まっている・・・』
なんて典雅!
マリオット+都なんてハイクラス過ぎるし値段が高すぎる。
って思うところなんですが、割とそんなことない。
朝食抜きで、2名で利用すると10,625円~/人。
アッパーフロアにすると+2000円くらいになってしまいますが。
朝食をつけると、朝食のブッフェ自体が3200円/人なので、
プランでも14000円程に。
19Fのレストランの朝食は、それだけバリエーションがあり、価値のあるものですが。
デラックスルームを選択すれば、(+1500円程)バスルームもガラス張りになります(笑)
日本一高いホテル(場所が)に泊まっているところを考えると、値段はそこまで高くない?
リッツカールトン大阪とか20000円弱/人 してしまうし。
チェックアウトも12時までなので、朝もゆっくりできる、
ダブルルームのベッド幅は180cmと超広々、
アメニティもタイの自然派ブランドTHANNを使用するなど、細部までこだわりもみられる、
飲食系も多く入っており、クーカ19F、クラブフロアのラウンジ、バー38F、天空のレストラン57FにレストランやBARが入っており、優雅なひと時を過ごせる・・・。

お得感満載。
参考までに、一番高い部屋は正規料金で35万円。
55Fのインペリアルスイートルーム。
風呂も全面ガラス張りですからね。笑
それ以外にも、ほぼ生活している間はラウンジで軽食を楽しめるクラブルームの用意もあります。
クラブルーム宿泊者の方は、
下記の時間でラウンジを使用し放題。
ご朝食  6:00-7:00(コンチネンタルブッフェ) 7:00-10:30(アメリカンブッフェ)
ティータイム    10:30-14:30 (各種お飲物や小菓子など)
アフタヌーンティー 14:30-17:00 (スコーン、フィンガーサンド、ミニペストリーなど)
カクテルタイム   17:30-19:30 (アルコール類やオードブルなど)*アルコール類は21:30まで
ティータイム    21:30-24:00
一人あたり20,000円程になってしまいますが、朝食やお菓子、ドリンク、アルコール、おつまみを含めるとそこまで高くないお値段。
阿倍野ハルカスの開業により話題のマリオット都ホテル。
一人1万5000円程で十分楽しめるので、
カップルのマンネリ解消や、誕生日、記念日デート、大阪旅行に是非使ってみてはいかかでしょうか。

大阪マリオネット都ホテル(天王寺)
公式サイトはこちら

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP